top2.png

その夜、マンションの敷地にある池には、立派な月が映っていた。
住人の子供たちは部屋を抜け出して集まり、
水面に移った月を掬おうと必死に手を伸ばす。
同じマンションの一室に設置されたAI搭載ロボット「サンサール」は、
部屋中の機器を一元管理するのはもちろん、生活をより便利に、
そしてより豊かにする為に日々改良されてきた。
しかし、そんなものは水面の月と同じく、虚像ではないのだろうかとも思う。

男が敷地の池に何かを捨てたのを、
何気なく眺めていた窓辺から彼女は目撃してしまう。
似たようなシチュエーションの、映画のタイトルを思い出そうとする。
見なければよかった。
今、後悔している。このAIロボットもきっと目撃したのではないか。

彼女は「声」に怯えている。自分には霊感の類などなく、今までこういう経験もない。
それなのにその「声」は聞こえる。まるで助けを求めるかのように。
聞かなければよかった。
今、理解はしている。この部屋の片隅に置かれたAIロボットと関係があるのだろう。

ある夫婦はより快適な暮らしを求めてスマートホームを導入する。
AIを搭載したロボットに喋りかければ、家のハードは全て管理出来る。
喋らなければよかった。
今、不便を感じている。あまりに高性能すぎやしないだろうか。

件の池では既に子供たちの姿はない。水面に映る月は、静かに揺らいでいる。
見えなくていいもの、聞こえなくてもいいもの、喋らなくていいもの。
行き過ぎた便利は虚構に過ぎないと、AIロボット「サンサール」は知っている。
これは便利が行き過ぎて、月を取り損ねたサルたちの喜劇。

san-zaru omote.jpg

▼日程
  2018年11月13日(火)~18日(日)

▼脚本・演出
  竹田哲士

▼出演
  小原雄平
  道井良樹
  岩田裕耳
  新野アコヤ
  犬井のぞみ
   (以上 電動夏子安置システム)

  大崎優花
  小林知未(多少婦人)
  坂本ともこ
  塩田良平
  町屋圭祐(劇団昴)
  吉岡優希

▼会場
  犀の穴
  (東京都北区上十条1丁目16 照沼ビル)

▼タイムスケジュール
  11月13日(火) 19:30
  11月14日(水) 19:30
  11月15日(木) 15:00/19:30※①
  11月16日(金) 19:30※②
  11月17日(土) 13:00/17:00※③
  11月18日(日) 12:00/16:00※④
  全9ステージ  上演時間約120分

▼料金(全席自由席)
  前売券  : 3,500円
  前半割  : 3,200円(13日19:30/14日19:30/15日15:00・要予約)
  当日券  : 4,000円  
  学生割引 : 2,000円(大学生以下対象・要予約・要証明証・枚数限定)
  夏子券  :     0円(お名前が「夏子」様は全公演無料)


  ※受付開始は開演の50分前・会場は開演の30分前
  ※13日(火)19:30、14日(水)19:30、15日(木)15:00の回は割引価格にてご覧いただけます。

 ◎各種アフターイベント
  ①15日(木)19:30の回は終演後、劇団員によるアフターイベントを開催いたします。
  ②16日(金)19:30の回は終演後、抽選で劇団員よりプレゼントを差し上げます。
  ③17日(土)17:00の回は終演後、劇団員によるアフタートークを開催いたします。
  ④18日(日)16:00の回は終演後、劇中で使用した小道具を販売いたします。

▼チケット予約

lead1.png
ticketread2.png
10月13日(土)前売り開始
カルテット.png
qo.jpg